休日写ん歩。

面倒臭がりで気分屋の休日フォトグラファ–のんびりゆっくり写真記録。

【東京紅葉名所】都営地下鉄でお得に行く!東京紅葉巡り

 

 

2018/12/2

 

こんにちは!

 

Nagiです。

 

やっと、東京23区にも紅葉シーズンがやってきました。

 

と、いうことで、今回はお得切符を使って、東京の紅葉を巡ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

都営まるごと切符

今回、使用した切符はこちらです。

 

都営地下鉄、都バス(多摩地域を含む)、都電荒川線日暮里・舎人ライナーを1日に限り、何度でも乗車出来ます。

 

発売額は大人700円です。(2018年現在)

 

この切符で、お得に元を取ることを目指します。

 

 

新宿→都営大江戸線旧芝離宮恩賜庭園(大門駅) ¥216

 

まずは、新宿から。

 

新宿の券売機で1日乗車券を買ってスタートです。

 

大江戸線で大門駅へ向かいます。

 

 

旧芝離宮恩賜庭園

 

 

大門駅下車 徒歩3分

 

入場料150円

 

 

 

紅葉は終わりかけでしたが、人も少なくのんびりと楽しめました。

 

 

 

 

 

 

旧芝離宮恩賜庭園→徒歩→芝公園 ¥0

 

 

芝公園

次は、徒歩で芝公園へ向かいます。

 

旧芝離宮恩賜庭園より徒歩13分です。

 

と、ここでリサーチ不足。

 

この日はマラソンのゴールが芝公園で撮影どころではありませんでした。

 

写真は撮らずに、次の撮影地へ向かいます。

 

 

 

芝公園赤羽橋駅)→都営大江戸線+都営浅草線都営三田線日比谷公園日比谷駅) ¥216

 

 

日比谷公園

 

 

日比谷駅下車 徒歩すぐ

 

イチョウが最盛期でとても綺麗でした。

 

 

 

イベントで屋台も沢山出ていたので、こちらで昼食を頂きました。

 

 

 

 

 

日比谷公園日比谷駅)→都営三田線小石川後楽園水道橋駅) ¥174

 

 

小石川後楽園

 

水道橋駅下車 徒歩8分

 

入場料300円

 

 

 

 

想像していたよりに広くて、素晴らしい庭園でとても楽しめました。

 

 

 

 

 

枝垂れ桜であろう木も沢山あって、きっと春も美しいのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

小石川後楽園→都営バス・飯64→肥後細川庭園(関口一丁目) ¥206

 

 

肥後細川庭園

 

関口一丁目下車 徒歩8分

 

ライトアップの時間のみ300円の入場料がかかります。

 

ギリギリ、一瞬だけ日が落ちる前に間に合いました。

 

 

 

 

 

 

一度、明るいうちに庭園を閉めて、ライトアップの準備をするそうです。

 

ライトアップの準備中は、休憩所で休みつつ、無人の庭園内の写真も2階から撮れました。

 

 

 

小さい庭園ですが、趣のある素敵なライトアップでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

肥後細川庭園(目白台三丁目)→都営バス・白61→目白庭園(目白駅前) ¥206

 

 

目白庭園

 

目白駅前下車 徒歩6分

 

ライトアップの時間のみ200円の入場料がかかります。

 

 

毎年違うテーマで照明デザインがされているそうです。

 

 

今年のテーマは”童話・童謡の世界”。

 

 

 

かつて、目白庭園の近くに児童雑誌を刊行する赤い鳥社があったことにちなみ、庭園内の茶室は”赤鳥庵”というそうです。

 

今回のメインは”赤い鳥”ということで、赤い鳥モチーフが庭園のいたるところにありました。

 

 

 

 

 

目白庭園(目白駅前)→都営バス・白61→ホテル椿山荘東京ホテル椿山荘東京前) ¥206

 

 

ホテル椿山荘東京

 

ホテル椿山荘東京前下車 徒歩5分

 

小石川後楽園で割引チケットを貰ったのと、少し時間があるということで、予定よりもう一箇所追加です。

 

 

三重塔と紅葉を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

ホテル椿山荘東京ホテル椿山荘東京前)→都営バス・白61→新宿 ¥206

 

 

 

 

 

今回は、都営線を使っていかに効率よく元を取るかのチャレンジでした。

 

1日乗車券は700円でしたが、元々かかってる交通費は1430円!

 

730円分、お得に楽しむことが出来ました。

 

お得切符を使っていかに効率良く回るのかを考えるのは好きなので、また今度も挑戦してみようと思います。

 

 


カメラランキング