休日写ん歩。

面倒臭がりで気分屋の休日フォトグラファ–のんびりゆっくり写真記録。

【大波月海岸】。2019年初天の川撮影

f:id:mkmtan:20190611223252j:image

 

2019/02/01

 

こんにちは!

 

Nagiです。

 

2月ですね。

 

2月といえば天の川!

 

と、いうことで2019年初天の川撮影をしに、大波月海岸へ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

アクセス

 

千葉県夷隅郡御宿町岩和田626

 

市原ICから車で90分です。

 

 

大波月海岸

 

事前検索情報では駐車スペースの向かって右脇の小道から行くとのことでしたが

 

本当にここであってるの?と、心配してしまうような草が生い茂る獣道でした。

 

しかも、近くで獣のような鳴き声も…

 

ドキドキしながら10分弱歩きます。

 

気分は遊園地のアドベンチャーアトラクション 笑

 

そんな、非現実的な感覚がします。

 

岩場を滑らないように慎重に歩きながら到着しました。

 

懐中電灯は必須です。

 

地面も濡れているので、長靴か防水の登山靴等で行った方がいいです。

 

到着しましたが2月の天の川が出るのは明け方。

 

撮影場所の下見をします。

 

この日の天の川の出る時間は新月期の満潮。

 

最悪足場がなくて撮影できないこと覚悟していましたが、足場がなくなることはなさそうです。

 

安心したところで、天の川まで時間があるので近くの別の撮影スポットへ。

 

 

月の砂漠記念公園

 

童謡『月の砂漠』のモデルになった場所とのことで、ラクダに乗った王子と姫の銅像が設置されています。

 

なかなかの大きさとリアルさでした。

 

 

少し街明かりの光害がありますが、なかなか楽しい被写体です。

 

ここで30分ほど星撮後、近くのコンビニで休憩→大波月海岸へ戻ります。

 

 

ラクダを撮っている間になかなか水位が上がっていました。

 

波をかぶりながら波打ち際ギリギリで撮影をしている猛者もいましたが、

 

私は怖くて海から一番遠い崖ギリギリにカメラを設置 笑

 

この日の天の川が出現する時間は15分〜30分程度。

 

カメラを設定して待ちます。

 

直ぐに天の川は消えて朝日の時間になりました。

 

明るくなってみた大波月海岸の場所にびっくり!

 

予想以上に岩場は高く、帰り道の獣道は草が生い茂り、

 

明るい時間にロケハンしていたら、「こんな場所無理行けない」ってなっていたかもしれません 笑

 

 

 

 

夜撮後は温泉です。

 

勝浦つるんつるん温泉

 

日帰り温泉 8:30〜20:00 ¥800

 

名前の通りつるんつるんで湯質最高。

 

朝から地元の人で賑わっていました。

 

温泉後、休憩室で仮眠。

 

そしてこちらで昼食もいただきました。

 

 

なんと白米は釜戸で炭を入れて炊くそうです。

 

お米も料理も美味しくて最高でした!

 

ご馳走様でした。 

 

 

 

 

久しぶりの星撮は最高でした。

 

来月はどこで星活しよう⁇