休日写ん歩。

面倒臭がりで気分屋の休日フォトグラファ–のんびりゆっくり写真記録。

【埼玉】。初姫蛍撮影 ホタ活part1

f:id:mkmtan:20190611223050j:image

 

2019/6/1

 

こんにちは!

 

Nagiです。

 

今回は初めて姫蛍撮影へ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

蛍撮影の注意点

蛍は繊細な生き物です。

 

蛍の数を減らさないために、撮影&観察の為のマナーがあります。

 

⒈出来るだけ、光を発しない。

蛍は自分より明るいものをみつけると、光るのをやめてしまうことがあるそうです。

なので、スマホのディスプレイは一番暗い設定にして、なるべく出さないでください。

カメラで撮影する場合は、ディスプレイが光るので、表示されないようにするか、黒い紙でディスプレイを隠してください。

また、AF補助光はOFFにして、カメラの光る部分は全てテープ等で隠して光らないようにしてください。

フラッシュで蛍は撮ることはできないので、必ず消してください。

また、蛍がいたからといって、蛍を懐中電灯で照らすのはやめてください。

懐中電灯は足元だけを照らして、なるべく付けないようにしてください。

また、出来れば懐中電灯は赤いセロファンを貼って使用してください。

 

⒉騒がない。

人の気配があると出てくる数も少ないそうです。

騒がず、静かに観察してください。

 

⒊虫除けスプレーは使わない。

蛍も虫です。

時々、蛍観察には虫除けスプレーを持っていく、という情報がありますが、間違っているので使用しないでください。

ただ、蚊などの虫は大量にいるので、刺されないように、長袖長ズボンで行ってください。

 

来年も綺麗な光を見る為に必ず守って下さい。

よしくお願いします。

 

 

姫蛍撮影

 去年は千葉にて源氏蛍を撮影しましたが、なかなか発生してくれず、撃沈しました。

 

今年は初めての姫蛍撮影、楽しみです。

 

ネットでは、姫蛍の撮影場所情報がほとんどないので、取り敢えず現地へ行ってみることに。

 

と、姫蛍の撮影スポット発見!

 

姫蛍は源氏蛍と光り方が違って、ピカピカ点滅していました。

 

遠くから初めて見た時は、誰かが庭をライトアップしているかと…

 

それぐらいの大乱舞でした。(後日地元の人に話を伺うとそこそこくらいの発生数だったようです。)

 

蛍の乱舞時間は21時〜24時。

 

だいたい、時間通りに発生して、時間通りに終わっていきました。

 

 

蛍の撮影後は、温泉が開く時間まで事前に買ってあった秩父のお酒を飲んで待ちます。

 

そして、早朝に温泉&仮眠場所へ移動。

 

 

秩父川端温泉 梵の湯

9:00〜22:00 ¥1,050(休日フリータイム)

湯質が最高で、肌がつるつるすべすべになりました。

 

後から知ったのですが、知る人ぞ知る名湯だったようです。

 

食事をとれる場所が2箇所あったので、外の秩父名物が食べられるお店で昼食をいただきました。

 

わらじかつ丼+蕎麦セット

名物のわらじかつはぶ厚目で美味しかったです。

 

わらじかつって店によって味も厚さも違って楽しいです。

 

これで、三店舗目。

 

蕎麦はお店で打ったものだそうで、平たい目でスルスル食べれました。

 

ご馳走様でした。

 

お腹もいっぱいになったところで、休憩室で仮眠。

 

次の撮影に備えます。

 

 


カメラランキング