休日写ん歩。

面倒臭がりで気分屋の休日フォトグラファ–のんびりゆっくり写真記録。

【川崎工場夜景】路線バスのみでお得に巡る!

 

 

2019/6/29

 

こんにちは!

 

Nagiです。

 

本当は、上高地へ新緑を撮りに行く予定だったのですが…

 

天気予報はあいにくの雨、大雨。

 

命の危険を感じたので、残念ながら中止に。

 

と、いうことで今回は代わりに川崎の工場夜景へ行ってきました。

 

路線バスでどれだけ回れるのか…チャレンジです。

 

 

 

 

 

 

 

川崎市交通局 市バス 1日乗車券

川崎には、沢山の工場夜景撮影地があります。

 

今回は、路線バスのみで各撮影地を移動することにしました。

 

1日乗車券は510円で乗り放題です。(一部適用外区間有り)

 

市バスは、各区間206円なので、2箇所以上の撮影地に行くと元が取れることになります。

 

 

 

川崎→川崎市バス・川05(川崎駅−マリエン・ダイワ)→川崎マリエン(川崎マリエン前)

 

スタートは川崎駅から。

 

バス乗車時に、バスの運転手に1日乗車券を使用したい旨を伝えます。

 

IC乗車券でしか1日乗車券は購入出来ないので、ご注意ください。 

 

 

川崎マリエン

 

営業時間:9:00~21:00(入場は20:30まで)
料金:無料

 

川崎臨海部の工場を一望出来る展望台です。

 

日本夜景遺産にも選ばれています。

 

地上51m、10階にある展望台から、360°工場が見渡せました。

 

因みに、東は羽田空港・西は扇島の製鉄所や東扇島のオイルターミナル・南は倉庫群 ・北は東京都心 だそうです。

 

 

天気が良いときは、富士山や東京タワー、スカイツリーがはっきり見えるそうなのですが。

 

今回は…残念。

 

展望台で写真を撮るときは、写り込み対策を忘れずに、、(私は忘れました)

 

 

 

川崎マリエン(川崎マリエン前)→川崎市バス・川05(川崎駅−マリエン・ダイワ)→東扇島東公園(東扇島東公園前)

因みにこの間は徒歩15分くらいなので、歩いても行けます。

 

 

東扇島東公園

 

潮風デッキと呼ばれる撮影スポットがあります。

 

 

デッキからは、浮島方面の工場群が見渡せ、北方向には千鳥町の東京電力川崎火力発電所がみえます。

 

 

空港が近い為(羽田かな⁇)、飛行機も沢山飛んでいました。

 

 

 

 

東扇島東公園(東扇島東公園前)→川崎市バス・川05(川崎駅−マリエン・ダイワ)→ちどり公園(東電前)

 

 

ちどり公園

船の形をした展望台から工場夜景が見渡せる…そうなのですが

 

東扇島東公園で長いこと撮影したので、時間が足りず。

 

今回は、断念…また今度。

 

 

 

ちどり公園(東電前)→川崎市バス・川05(川崎駅-マリエン・ダイワ)→千鳥橋手前、千鳥橋日本触媒前)

 

 

千鳥橋手前

千鳥橋

の予定でしたが、時間が少ないので飛ばします。

 

バス停市営埠頭へ移動します。

 

バスでも行けますが、本数が少ないので、徒歩がオススメです。

 

バス停日本触媒前から徒歩約7分です。

 

 

 

千鳥橋手前、千鳥橋日本触媒前)→徒歩7分→千鳥町貨物ヤード、千鳥町8番地(市営埠頭)

 

 

千鳥町貨物ヤード

千鳥町8番地

 

川崎の工場夜景といえばここでしょう!

 

一番の人気スポットです。

 

と、言ってもそんなに混んでないので、ゆっくり撮影ができます。

 

 

ここを訪れるのは1年ぶり。

 

アクセスが良いので来やすいです。

 

 

 

 

バス停市営埠頭は終バスも早いので、日本触媒前からバスで帰ります。

 

千鳥町貨物ヤード、千鳥町8番地(市営埠頭)→徒歩7分→日本触媒前→川04or05or07→川崎

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

と、いうことで、グダグダ川崎工場夜景撮影記でした。

 

公共交通機関で行くのに、日の長い時期に夜景を撮りに行くのが間違ってますね、、、

 

場所によって違ってきますが、日本の平均だと、夏至冬至の日照時間の差は約5時間だそうです。

 

朝と夜で半々に割ったとすると、撮影時間が2.5時間も違います違います⁉︎

 

夜景を効率良くバスで回りたい人は、是非冬に撮影へ行きましょう。

 

以上、反省でした 笑

 

 


カメラランキング