休日写ん歩。

面倒臭がりで気分屋の休日フォトグラファ–のんびりゆっくり写真記録。

富士フイルムのカメラの撮って出しは星景撮影でも通用するのか?

 

 

こんにちは!

 

Nagiです。

 

富士フイルムのカメラの撮って出しは素晴らしい、現像要らず とはよく聞きます。

 

実際、私もX−T2をメインカメラに使用するようになってから、昼間の撮影の撮って出し使用率は上がりました。

 

が、現像ありきで撮影する”星”ではどうなのでしょうか?

 

ということで、撮って出しとLightroom現像を比較してみました。

 

カメラ→FUJIFILM X-T2

レンズ→SAMYANG 12mm F2.0 NCS CS ブラック

 

 

 

 

 

 

 

 

富士フイルムのカメラは星撮りに向いている

一般的に星の写真は、センサーサイズが大きい方が有利だと言われています。

 

実際星景写真を撮るときは、ノイズを少なくする為にフルサイズのカメラで撮られている方が殆どでしょう。

 

しかし、センサーサイズがAPS-Cではありますが、富士フイルムのカメラも星撮り向きです。

 

理由は、富士フイルムのカメラはHa線という星の光の波長に対しての感度が高い為、星の赤色が他社に比べて綺麗に写るからです。

 

星の赤色を綺麗に写す為、他社では星用改造機が発売されていますが、とても高価。

 

そして、改造機だと昼間の写真を撮ると星用のカメラの為、変な色になってしまします。

 

それが、富士フイルムのカメラだと赤色が綺麗に写って、昼間も問題なく撮れるそうです(問題無くどころか、富士の撮って出しは色が素晴らしい‼︎)

 

因みにこの赤色は撮って出しで無く、現像でも恩恵が受けられるそうです。

 

↓参考↓

www.vixen.co.jp

 

 

富士フイルム撮って出し

 

ノイズが少なく、天の川が綺麗に写っています。

 

個人的に富士フイルムのカメラのオートホワイトバランスで撮った空の色が好きです。

 

これを現像するとなんでかいい色合いが崩れてしまうんですよね… 

 

 

 

Lightroom現像

 

Lightroomで明瞭度を上げて色を調節し、天の川を目立たせました。

 

Lightroomでいじると、やっぱりノイズが出がちになってしまい、気になります。

 

が、撮って出しと比べて星の一個一個がしっかり目立ちます。

 

 

 

 

Lightroom現像+10枚スタック合成

 

②の方法で撮った写真を10枚用意、スタック合成しました。

 

10枚スタックするとノイズも全然気になりません。

 

 

 

 

好みの問題だと思いますが、現像+スタックの写真の方が天の川が目立ってノイズも少なくて綺麗ですね。

 

しかし、撮って出しの写真も相当綺麗です。

 

逆に、風景を主役にして星を脇役にする場合は、撮って出しの方が優しい雰囲気が出ていていいのかもしれません。

 

友人のカメラを見せてもらいますが、星を撮っている最中こんなに綺麗な撮って出しを撮れるカメラはなかなかないな、と感じます。

 

やっぱり富士フイルムは素晴らしい!

 

以上、カメラ富士至上主義派の意見でした 笑

 

 


カメラランキング